消費者目線で考えよう!お客様を呼ぶビジュアルマーチャンダイジング

消費者目線で考えよう!お客様を呼ぶビジュアルマーチャンダイジング

消費者目線で考えるビジュアルマーチャンダイジング

ボディのディスプレイ

ウインドウショッピングでお目当ての品物がなくても、店舗に入ってみようと思うきっかけは、店頭に並ぶマネキンのスタイルが好みだったり、お買い得な商品を見つけたときです。
ビジュアルマーチャンダイジングを導入した売り場作りは、ブランドそれぞれの個性によって表情は変わってきますが、共通しているのは消費者が見やすいかどうかということであり、これを意識することで売り上げが大きく左右されます。
ただ商品を並べておくのではなく、目を引くレイアウトや、流行を捉えた陳列などでしっかり視覚にアプローチしていきます。また、手に取りやすい位置にあるか、色やサイズを揃えているかなど商品を分類、整理することで消費者の受け取る情報が変わってきます。ビジュアルマーチャンダイジングは消費者の視覚に訴えるマーケティング手法なので、ここを意識することで思わず入ってみたくなるような店になり、商品を手に取りやすい空間にすることができます。それに伴って消費者の購買意欲も上がっていくため、商品の見せ方やブランドコンセプトに沿った店作りはとても重要になっています。このように購買率や集客力を上げるためには、ビジュアルマーチャンダイジングはとても有効です。

UPDATE ARTICLE

TOP