消費者目線で考えよう!お客様を呼ぶビジュアルマーチャンダイジング

消費者目線で考えよう!お客様を呼ぶビジュアルマーチャンダイジング

ビジュアルマーチャンダイジングでお客様を呼び込もう

カッティング

最近、お客様数が減少している、または売上が落ちていると感じた事はありませんか。もしかしたら店頭の売り場に問題があるかもしれません。
ビジュアルマーチャンダイジングを意識して店頭の売場を作成してみると良いかもしれません。今あなたのお店の店頭の売り場を見て、季節感が伝わるようになっているか。色味は無地のような目立たないものになっていないか。一度ご確認いただくと良いかと思います。もしこのようになっているのであれば、店頭のビジュアルマーチャンダイジングを一度見直してみると良いと思います。お客様は目で見て1~2秒程でお店に入りたいか入りたくないかを決めます。まず最初に見て入店してもらえなければ売上にも繋がりませんし、客数を増加させる事はできません。お客様が一番最初にあなたのお店を感じる部分は、視覚から入ってくる情報です。そこでお客様の第一印象になりますので、店頭でビジュアルマーチャンダイジングを意識する事はとても重要です。良く言えば、店頭の演出が多くのお客様を魅了するものであれば、沢山のお客様が足を止めて入店の動機に繋がりますので、多くのお客様を入店に繋げられるのです。
今一度、季節感や色味、お店で一番人気のある商品が店頭で使われているのか確認してみてください。

来店促進や購入意欲促進に役立つビジュアルマーチャンダイジングとは

スーパーや各種販売店の経営に関わっている方であれば、来店促進や購入意欲を促進できるようなマーケティング手法には、かなり関心が高いことでしょう。周りのお店を見渡しても、入って見たくなる店舗とそうでない店舗があります。また、ついつい買いたくなるお店もあります。経営者の方なら来店促進も購入意欲の促進も、売上に直接かかわる事態として積極的に考えていきたいものです。
そのための手法として今注目されているのが、ビジュアルマーチャンダイジングです。これは売場のディスプレイに注目したマーケティング手法で、分かりやすく言えばお客様目線で考えたディスプレイにすることです。ディスプレイに惹かれてお店に入りたくなったり、商品陳列の工夫により購入したくなる意欲を促します。競合他社に負けないお店作りのためにも、ビジュアルマーチャンダイジングを導入して、売れるお店を目指しましょう。
この方法は専門的な知識が必要になりますが、ビジュアルマーチャンダイジングの専門会社に相談してコンサルを受けることが可能です。販売している品やその種類によって、最適なディスプレイの方法がありますから、プロのコンサルを受けるメリットは多大にあると言えます。売上にお悩みの場合や、来店促進に力を入れたい場合には、ぜひビジュアルマーチャンダイジングを導入してみてください。

ビジュアルマーチャンダイジングで売り上げを向上させる

ライバル競合店と似たような商品構成、またそれらに関する知識やトーク術にも自信があるのに、どうしても売り上げが伸びないといったケースはあると思います。駅より近い、または遠いといった立地条件や、駐車場の有無なども関連しますが、実はビジュアルマーチャンダイジングを強く意識しているかどうかといった要素も、大きく売り上げに左右するのです。お客様が楽しくなる、ちょっと気になる、雰囲気が明るいので入りたくなる、商品プレゼンテーションの中でも最初の「掴み」は人を呼び寄せる最初の関門で、これをしっかりと磨き上げると集客力アップ、ひいては売り上げアップにつながります。ビジュアルマーチャンダイジングは扱う商品、お店のイメージで大きく変える必要もあります。高級ファッションとカジュアルなファストファッションとでは、当然店構え以外にも陳列や照明が大きく違いますし、それぞれの商品をお客様に訴えかける際には、それぞれ細かな微調整が必要となります。季節のトレンド商品を店先に出してアピールするのも悪くはありませんが、それもケースバイケースであって、最後に購入していただくような仕掛けや、誘導テクニックがしっかりと備わっていなければ、売り上げ向上には大きく貢献しないのです。各ショップのオーナー様は、ぜひビジュアルマーチャンダイジングを意識した売り場作りを目指してみましょう。

ビジュアルマーチャンダイジングを導入するなら、専門コンサルを利用することをおすすめします。【MDP】は、お店側の視点はもちろん、顧客のことも考えたビジュアルマーチャンダイジングを行ってくれるため、非常に信頼できます。

UPDATE ARTICLE

TOP